人気ブログランキング |

北都交通~空連車~

最近では各地でも見る機会が減ってきているMS725Sです。
北海道は内地からの移籍車も多数活躍しているので、撮影の
価値はありますね~。
札幌200か1780
a0164734_011469.jpg


新千歳空港~札幌都心間で使用されているエアロバスです。
札幌200か2203
a0164734_045745.jpg

  by more6446 | 2010-07-03 00:06 | 高速バス | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://reso1264.exblog.jp/tb/10912774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vanagon714 at 2010-07-04 06:21
一世を風靡した初代エアロバスも見かける機会が減ってきました。
こうして見ると初代~二代目は正常進化しているなあと思います。
道内の高速路線車は腐食によるフレームの傷みが激しいようで、
上の写真の初代エアロもちょっとヤバそうな感じですね(^^;;;
Commented by more6446 at 2010-07-04 21:13
北海道はやはり腐食が激しいんですね。地域柄仕方ないですね。
下回りのアンダーコートも定期的にされるんですかね?
Commented by vanagon714 at 2010-07-04 21:30
噂で聞いたのですが、腐食でフレームが折れたり客席や運転席の床が抜けたり
して廃車になるケースもあるそうです。
冬の融雪剤(塩)の中を走る高速路線バスは特に過酷なようですね。
アンダーコートでは太刀打ちできないのかもしれませんね。
写真の初代エアロのように窓のラインが凸凹しているとフレームが怪しいなあと
思ってしまいます。
外側のスケルトン骨格だけで持っている場合もあるようですよ。
Commented by more6446 at 2010-07-04 22:23
冬の北海道のバスは本当に苛酷ですね。融雪剤の恐ろしさがわかりました。雪道を走行されるドライバー様も相当な気を使われるんでしょうね?やっぱり北海道はすごいです!

<< 近江鉄道~旧塗装車(富士ボディ)~ 近江鉄道~富士重工7E~ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE